研修生の受入から帰国までの流れ

研修生を受け入れた後、帰国までの大まかな流れをご案内します。

受け入れ準備


①企業側で研修生受入決定後、組合に加入し申込。

②現地送り出し機関の候補者から、書類選考、試験、面接等を実施して選抜します。

③決定後、日本語を中心に滞在時に必要な基礎知識を数ヶ月にわたり研修します。

 

研修一年目


①来日後、企業からの基本的な研修をします。

②その後、受入企業の業種、職種毎に研修します。

 

技能実習2,3年目


①技能実習生への移行希望者は、技能検定を受検し合格者は企業と雇用契約を結び、1年又は2年間にわたり、業務につき技術、知識を高めます。

②研修・技能実習を終了後、帰国し、母国の為に技術、知識を使います。


■受入可能な業種のご案内

■研修生って何?