上海

中国大陸 東沿岸部に位置し、長江 の河口に面して存在する 都市 。中国最大の 商業、金融、工業 都市で、一人当たりGDPは香港以外では国内最高水準である 現在の中国経済の成長により、将来的に上海経済がニューヨークやロンドン、東京と共に世界経済を引っ張る重要な位置を占めるであろうといわれている。
戦前から多くの日本人が住む上海には現在約4,500社の日系企業が進出、約34,000人の日本人が住み、中国最大の日本人コミュニティーを形成している(2005年現在)短期滞在者を含めると10万人以上の日本人が滞在しているといわれる。日本 総領事館や日本人学校などもあり、日本料理店なども多い。
2008年5月1日には 「杭州湾橋」が開通し、上海-寧波が格段に短縮されました。特集ページをご用意しました。ご覧ください。
杭州湾橋特集ページ

観光

【上海海洋水族館】
上海海洋水族館
上海海洋水族館には7つの海があり、中でも中国ならではの揚子江ウニや、1億4千万年を生き抜いてきた中華チョウザメなど、貴重な生き物がいっぱいです。全長155mの世界一長いトンネル型水槽や国内一を誇るサメの展示は、時間の許す限りじっくり鑑賞して見て下さい。
住 所 :陸家嘴環路1388号
電 話 :021-5877-9988
開館時間:9:00~18:00
入館料金:大人120元、子供80元

【瑠璃芸術博物館】
瑠璃芸術博物館
この博物館は、外壁も12000枚の瑠璃で覆い尽くされていて、その幻想的な情景に圧倒されます。(特に夜がオススメです)中にはいると、冷ややかなイメージで、それでいて吸い込まれるような透明感の展示品に目を奪われます。館内にはアール・ヌーボー期のガラス工芸家「エミール・ガレ」氏の作品をはじめ、世界の芸術家達の作品が展示されています。なかにはここのオーナーがライフワークで作成した作品も多数展示してあります。一瞬で砕け散る上にあるこの儚き美しさ、皆さんも一度訪れてみてはいかがでしょうか。
住所:馬当路158号
電話:021-5382-9886
開館時間:10:00~22:00
入館料金:大人50元

【上海都市規劃展示館】
上海都市規劃展示館
上海の過去・現在・未来が紹介された展示館。写真や模型などで、上海の歴史と2020年までの都市計画を展示。総建築面積18390平米と、世界でも大きいクラスの総合都市規格展示室になります。
住所:人民大道100号
電話:021-6372-2077
入館料金:30元

【中国烟草博物館】
中国烟草博物館
喫煙者の皆様にお勧めです。この博物館は、世界でも最大級のタバコに関する博物館で、キセル・タバコ入れ等の骨董がかなり揃っていて、中国各地で生産されているタバコのラベルも数多く展示してあります。
住所:長陽路728号
電話:021-6166-5939
休館日:火曜・木曜
入館料:大人10元、学生5元

【新天地】
新天地
新しい観光地として、注目を集めている。この一帯はフランスの租界だった為に1920年代は黒レンガの「石庫門」と呼ばれる住宅が立ち並び、異国情緒があふれていた。そして、2001年に昔のレンガなどをそのまま再利用し、「石庫門」が復活。神戸の旧居留地のようなおしゃれで高級感あふれるエリアに生まれ変わりました。

【豫園(よえん)】
豫園(よえん)
黄浦江のほとり、市街の東南に位置する庭園で、明代の高官潘允端(はんいんたく)の私庭として作られた江南様式庭園の傑作。園内は池を中心に楼閣や亭が並び、池の中心に建つ湖心亭の茶館では数十種類の中国茶が楽しめます。

【東方明珠タワー展望台】
東方明珠タワー展望台
463mとアジア第1位、世界第2位を誇る高さと、近未来を感じさせるユニークなデザインから上海のシンボル的な存在。高さの違う3つの展望台からは360度上海のパノラマが眺められます。

【上海雑伎団】
上海雑伎団
上海雑伎団は、世界的にも有名なアクロバティック集団です。中国以外にも世界をまたにかけて公演をしています。上海で雑伎団を見なければ何を見てきたの?と言われる程です。

【上海動物園】
上海動物園
中国といえばパンダ。やっぱり一度は本場中国のパンダをみておきたいですね。ここ上海動物園には350種類以上の動物がいますが,やはり一番の人気はパンダ(熊猫)。入り口からパンダの所までは15分ほどかかりますが、入り口付近にカート(有料)がありますので、それに乗っていくことが出来ます。他にもレッサーパンダやライオン、ホワイトタイガー等のたくさんの動物を見ることが出来ます。

【玉仏寺】
玉仏寺
上海最大の禅宗寺院で,清代の1882年に彗眼という仏僧がビルマ(現ミャンマー)から持ち帰った玉仏を安置するために建てられました。今も寺の宝である玉仏は二体あり、1体は玉仏坐像で玉仏楼にあり、もう1体は涅槃の玉仏臥像で臥仏堂に納められています。特に白い玉製の仏像は中国でも珍しく、遠方からも参拝に来る人で賑わっています。

【竜華寺】
竜華寺
247年、三国志時代の創建と伝えられる上海最古の寺院。現在の建物は清代に再建されたもので、弥勒殿、大雄宝殿、三経殿などが一直線に並び、左右に鐘楼と鼓楼が立っています。貴重な経典や仏像を多く所蔵しており、その一部を仏教法器文物展で一般公開されています。写真の竜華塔はこの寺のシンボルで、宋代に再建されたものです。

-ショッピング-

【利琴箱包店】
利琴箱包店
豫園にあるおみやげ屋の箱包店(鞄店)ですここには鞄の他に、服飾・小物関係が小さい店ですが沢山揃っています。
日本語も通じますし、なにより気さくな女店員さんがいて、値段交渉とかしてみてもとても楽しいです。
豫園に寄られた折には、寄ってみてはいかがでしょうか?
場所:上海市老城隍58‐5‐6(豫園)

【日本食材スーパー】
日本食材スーパー
日本の食材をお探しなら、ココ!!日本でおなじみのあの商品・この商品がずらり勢ぞろいしています。

【亜太新陽服飾礼品市場】
亜太新陽服飾礼品市場
有名な襄陽服装礼品市場閉鎖後の枝分かれ先。おしゃれな民族衣装や、ミリタリー、輸出仕様の子供服、鞄、アクセサリーなど様々な服と関連商品が手に入る。欧米人に大人気!!
場所:浦東新区 上海科技館駅直通

【鳳翔服飾礼品市場】
鳳翔服飾礼品市場
こちらも襄陽服装礼品市場閉鎖後の枝分かれ先。 服やシノワズリ雑貨やバッグなどの店舗がぎっしり。
場所:黄浦区南京西路580号1~3

【新七浦服飾市場】
新七浦服飾市場
値段の安さで中国人にも人気の服市場。とにかく混み合うので、体力をつけて出かけよう。一帯には別の服市場や個人の服屋もある。
場所:虹口区七浦路179号(X河南北路)

【静安小亭服飾市場】
静安小亭服飾市場
日本輸出仕様のティーン向けの服がメイン学生向けの安いネイルサロンも人気だ。
場所:静安区愚園路68号(久光百貨北側)

【流行銭・風尚百貨】
流行銭・風尚百貨
女性服がメインの品揃え。アクセサリーや帽子、靴なども手に入る。
場所:静安区崋山路2092弄15-20号

 

ホテル

【太平洋国際大酒店】
太平洋国際大酒店
上海初の全室スイートルーム・ホテル。立地も雰囲気もバツグンで贅沢です。太平洋国際大酒店は南京西路と陝西北路の交差点に位置し、ビジネス、観光、ショッピングとどんな用途にも便利な場所にあります。9階レストランでは各国料理を楽しめるビュッフェを毎晩開催しています。特に金曜は海鮮が堪能できます。
住所:上海市陜西北路288号
url :http://www.pacificinthotels.com
Email:info@grandpacifichotels.com

【上海陜西商務酒店】
上海陜西商務酒店
住所:上海市静安区延安中路658号
TEL:021-52624866
FAX:021-62530344

【瑞登雅閣酒店】
瑞登雅閣酒店
住所:上海市普陀区長寿路1086号
TEL:021-52562222
FAX:021-52562888
Email:Sales@argylehotels.com

【上海喜来登豪達太平洋大酒店(シェラトンホテル)】
上海喜来登豪達太平洋大酒店(シェラトンホテル)
シェラトン グランド タイピンヤン(喜来登豪達太平洋大酒店)は、他にはないサービスと豪華さの伝統を保っています。ビジネス旅行者のためには、ハイスピード・ブロードバンド・インターネット・アクセスや翻訳サービス、パソコン・サービスが用意されています。レジャーでお越しの方は、快適な設備、ゆったりとしたホテル環境をお楽しみいただけます。
住所:上海遵義南路5号

【粤海賓館(ガンドンホテル)】
粤海賓館(ガンドンホテル)
2004年9月にオープンしたデラックスホテル。各部屋の案内表示には英語、中国語、日本語表示があり大変便利です。ホテル内には日本食や中華のレストランなどがあり、ホテル付近には徒歩3分の場所にコンビニエンスストアがあります。

【新亜大酒店】
新亜大酒店
新亜大酒店は蘇州江の北側に位置する1934年創業の上海でも歴史のあるシティホテルの一つです。場所は市のほぼ中心部にあり、有名な観光地「バンド」には歩いて15分という位置にあります。建物は典型的なヨーロッパ調の建物で、落ち着いた内装がおすすめのホテルです。

 

グルメ

-日本料理-

-軽食-

その他、日本で一度は目にしたことのある馴染みの深いお店もあります。
ケンタッキーフライドチキンマクドナルド吉野家COCO壱番屋屋台味ラーメンよってこや等も人気です。

-中華料理-

-その他-

-カフェ・バー-

 

クラブ

魅力的なクラブばかりを集めました。クリックすると詳細をご覧いただけます。

 

マッサージ

その他

【上海情報サイト】
上海LE上海の情報誌サイト【上海LE】です。上海の面白い情報や役立つ情報がいろいろ載ってます。

ちゃいなび上海情報の事なら、上海でも1・2を争う情報誌Concierge(コンシェルジェ)の発行元サイト(日本語)。

【通信サービス】
来々メール:日本の携帯電話やパソコンと中国の携帯電話でメールの送受信が出来たら便利だと思ったことはありませんか?プライベートな連絡はもちろん、会社の業務連絡にもご利用いただけます。詳しくはリンク先をご覧ください。

【上海情報誌】

1週間の上海のニュースや日本のニュースが記載され、その他にも特集記事など情報が満載

1週間の上海のニュースや日本のニュースが記載され、その他にも特集記事など情報が満載 公式HP

上海でも1・2を争う情報誌(日本語)。上海の最新情報やホテル・料理店の情報だけでなく、緊急時の連絡(日本語対応)や日本領事館からのお知らせあり。

上海でも1・2を争う情報誌(日本語)。上海の最新情報やホテル・料理店の情報だけでなく、緊急時の連絡(日本語対応)や日本領事館からのお知らせあり。公式HP

無料配布でありながら、いろいろな特集や映画・コンサート情報など読み応え十分な情報誌。HP

無料配布でありながら、いろいろな特集や映画・コンサート情報など読み応え十分な情報誌。公式HP

お店(特に夜)に的を絞った情報誌です。大きさもポケットサイズ(10cmちょい)でどこにでももって行きやすいサイズです。小さいながらもちゃんと上海路線図や緊急連絡先(警察・病院等)も記載。

お店(特に夜)に的を絞った情報誌です。大きさもポケットサイズ。小さいながらもちゃんと上海路線図や緊急連絡先も記載。

お店(特に夜)に的を絞った情報誌です。 大きさも伴遊と同じで、ポケットサイズ。どこにでも携帯できる、持って行きやすいサイズです。 

お店(特に夜)に的を絞った情報誌です。 大きさも伴遊と同じで、ポケットサイズ。どこにでも携帯できる、持って行きやすいサイズです。

こちらは夜の店Onlyの情報誌です。(その分地図等の記載はないです)

こちらは夜の店Onlyの情報誌です。(その分地図等の記載はないです)

新しい情報誌です。北京では以前から発行されていたのですが、この度上海でも発行される事になりました。

新しい情報誌です。北京では以前から発行されていたのですが、この度上海でも発行される事になりました。

発行元が日本の中国情報誌です。日本人向けの情報が解りやすく、新しい情報満載です。日本では有料。中国では無料。

発行元が日本の中国情報誌です。日本人向けの情報が解りやすい!日本では有料。中国では無料。

挑戦する製造業のための情報誌です。日本語・中国語両方で書かれていて、頑張っている日系企業が紹介されています。

挑戦する製造業のための情報誌です。日本語・中国語両方で書かれていて、頑張っている日系企業が紹介されています。

毎週金曜日に発行される、日本語の上海情報新聞です。1週間の中国・日本の情報が満載です。

毎週金曜日に発行される、日本語の上海情報新聞です。1週間の中国・日本の情報が満載です。公式サイト

こちらの新聞は、毎週木曜日発行です。ジャピオンとは違い、上海特集とかを組み、日本語で紹介しています。勿論無料情報新聞です。

こちらの新聞は、毎週木曜日発行です。ジャピオンとは違い、上海特集とかを組み、日本語で紹介しています。勿論無料情報新聞です。

上記情報誌「Whenever」の会社が発行している、ビジネス専門の情報新聞です。 内容は上海だけでなく、中国全体のビジネス情報や株の動向など、仕事に関係する情報が記載されています。HPはこちら。

上記情報誌「Whenever」の会社が発行している、ビジネス専門の情報新聞です。 内容は上海だけでなく、中国全体のビジネス情報や株の動向など、仕事に関係する情報が記載されています。HPはこちら。

「BAN YOU」の上海編集部が新しく出版した情報誌になります。あのホットペッパーではありません。

「BAN YOU」の上海編集部が新しく出版した情報誌になります。あのホットペッパーではありません。

新しい手帳型の情報誌です。大連にある大連佐藤広告有限公司という日系企業が発行しており、日本人に解りやすい内容になっています。

新しい手帳型の情報誌です。大連にある大連佐藤広告有限公司という日系企業が発行しており、日本人に解りやすい内容になっています。

新しい情報誌です。

新しい情報誌です。

【射撃場】
射撃場を2箇所ご案内します。クリックして詳細をご覧ください。

【レンタカー】

レンタカー