哈爾浜

ハルピン市(哈爾濱)は中国最北部に位置する黒龍江省の省都で、東北経済地区で第二の都市にあたります。北緯44度・東経125度に位置し、黒龍江省の西南部東北平原の東端にあります。
移民都市の一つで近代都市としての歴史はまだ短いが、 日本とハルピンとの関係は深く、日露戦争が始まった1904年頃には、日本人の人口が1000人を超え、1909年にはハルピン駅で伊藤博文が暗殺されるという事件も起きています。

観光

【 兆麟公園 】
兆麟公園 ハルピン最大のイベント氷祭りの会場である兆麟公園には、民族の英雄、李兆麟(1910~1946)が祀られた石碑と像が建っています。 李兆麟は1932年中国共産党に入党、1946年、国民党の特務機関より暗殺されました。 現在は松花江で行われていて、2月の氷祭り開催時にはイルミネーションの彫刻でいっぱいになります。

道里区森林街41号
TEL:0451-4612634
開園 6:00~20:00
休園 11月中旬~12月下旬
料金、2元 3月~10月1日
氷祭り開催中10元(昼)20元(夜)

【 731部隊跡 】
731部隊跡日本陸軍直属部隊・満州第731部隊が1936年から1945年まで毒ガス爆弾やペスト、コレラ、チフス等の、各種細菌兵器の研究・製造を担当した秘密部隊で、それを実使用するための媒体として「ノミ」や「ネズミ」の飼育もしていた広大な施設跡です。さらに、これらの毒ガス、細菌兵器の研究に中国人やロシア人を生きたまま生体実験として使い、その数は約3000人とも言われています。ここで開発された兵器は実戦でも使用され、今でも中国各地に残物が処理されずに埋蔵されているそうです。施設や資料の殆どは、敗戦を察知した日本軍が証拠を隠す為に焼却・爆破されていますが、破壊しきれなかった建造物は現在「世界文化遺産」として登録されています。

【 聖ソフィア教堂 】
聖ソフィア教堂 ハルピンの代表的な欧風建築物のひとつ。
兆麟街でもひときわ人目を引くギリシア正教の教会である聖ソフィア教堂は、1907年3月、帝政ロシアの兵士の軍用教会として創建されました。 その後もロシア人の出資などで拡張工事が行われ、1932年に現在の姿になりました。
高さ53.35m、建築面積721平方m、ビザンチン型式建築の影響を深く受けた教会は、2000人を収容する事ができ、現在教会はハルピン建築芸術館として開放され、ハルピン市内の建築物の写真や模型、絵画などを展覧しています。
TEL:0451-4686903
開堂:9:00~17:00
休堂:なし 料金:5元

【 東北虎林園 】
東北虎林園 東北虎林園は中国版サファリパークで、園内面積は1.47平方キロメートル、放し飼いにされている東北虎の生態をを柵の付いているバスに乗りながら観察することが出来ます。 ここの虎は動物園の虎と違い野生味たっぷりで、運が良ければ、狩りをする虎の姿を間近で見ることができるかもしれません。その他園内には可愛い虎の赤ちゃんを抱いて写真を撮るコーナー等もあり、ふれあう事が出来ますが、小さいといってもやはり虎なので、噛みつかれないように注意が必要です。

【 スターリン公園 】
スターリン公園松花江南岸の堤防を整備して作られた東西2キロ、幅50メートルの細長い公園です。松花江の洪水に悩まされた市民が50キロに及ぶ堤防工事を行い、ポプラや柳を植えて公園が作られました。
園内には水上クラブ、青年宮、水上スポーツセンター、食堂などの施設があります。

 

ホテル

【新晶都酒店】
新晶都酒店住所:90, Jingwei St., Daoli Dist.,150010,, Harbin
TEL:86-451-4226666

【 華融飯店 】
華融飯店住所:No.2 Yiyuan Street,Harbin,China
TEL:86-451-86291177
Email:sinoway_hotel@0451.com
URL:http://www.sinowayhotel.com