亜未夢がご提案する中国旅行
日本、中国の旅行会社と提携し、普通の旅行会社ではあまり行かないような所まで観光できるプランを作成します。 旅行内容については、お客様のご希望に沿い、時期や日程、御予算に応じてプランを作成します。中国を知り尽くした私達だからこ出来る、心に残る旅行プランで、中国を満喫しませんか?是非ご相談ください。お問い合わせはこちらからどうぞ。下記では中国の魅力をご紹介しています。ごゆっくりご覧ください。

北京

北京は、中華人民共和国の首都であり、直轄市。中国共産党中央委員会の所在地。中国の東部、河北省の中央部に位置する。古くは大都・燕京・北平とも呼ばれた。日本語での読みは唐音である。面積は日本の四国に相当する。
行政機能が集積している他、紫禁城や天安門広場、庭園、古くからの街並みである胡同などがあり海外からの観光客も多く訪れる都市である。2008年夏季オリンピック開催予定。
戸籍人口1,159.5万人(2004年末)だが、他に公安機関(警察)に一時住居登録している流動人口が364.9万人いる。少数民族人口は約48万人で、回族、満族が多い。

続きを読む

大連

大連は中華人民共和国遼寧省の南部に位置する地級市です。総面積12,574平方キロ、旧市街地面積2,415平方キロ。人口は約650万人。また、大連港は中国第3の港湾都市で、最大の石油輸入港であります。

 歴史的にも日本と関わりが深く、日露戦争時の「二百三高地」での激戦、戦後ポーツマス条約により日本に租借権が譲渡され、その際、日本は古地図に見られる中国語の地名「大連湾」からとった「大連」を都市名として採用しました。これはロシアが命名していたダーリニーと発音が似ていることにもよります。 1951年に旅順市を合併し、旅大と改称したが、1981年に元の大連に名前を戻しました。

続きを読む

哈爾浜

ハルピン市(哈爾濱)は中国最北部に位置する黒龍江省の省都で、東北経済地区で第二の都市にあたります。北緯44度・東経125度に位置し、黒龍江省の西南部東北平原の東端にあります。
移民都市の一つで近代都市としての歴史はまだ短いが、 日本とハルピンとの関係は深く、日露戦争が始まった1904年頃には、日本人の人口が1000人を超え、1909年にはハルピン駅で伊藤博文が暗殺されるという事件も起きています。

続きを読む

瀋陽

瀋陽市(しんよう)は、中華人民共和国遼寧省の省都。旧称は奉天(ほうてん)。中国東北部(旧満州)の主要都市の一つ。市の名前の由来は、市内を流れる渾河の古名・瀋河の北に位置することから。国家歴史文化名城に指定される観光都市でもある。経済的重要性から省クラスの自主権をもつ副省級市にも指定されている。

瀋陽の交通はとても発達していて、市の東南にある瀋陽桃仙国際空港は香港を含め国内に30以上の定期便、国外に北朝鮮、韓国、、日本の成田、大阪、名古屋、札幌、福岡、ロシアへの直行便がある。

また、工業が盛んであり、市の郊外には多くの重化学工場が立ち並んでいる。 瀋陽市内のみならずその近隣都市圏は撫順の石炭・鞍山の鉄鉱石、黒竜江省大慶の油田などの豊富な資源を生かした一大コンビナートであり、20世紀後半の中国を工業面で支えた。

外務省は瀋陽市和平区に総領事館を設置し、札幌市と川崎市が瀋陽と友好都市提携している。

続きを読む

内蒙古自治区

内蒙古自治区(内モンゴル自治区)は、東西に長く伸びており、東から順番に黒龍江省・吉林省・遼寧省・河北省・山西省・陝西省・寧夏回族自治区・甘粛省と南に接していて、北側はモンゴル国・ロシア連邦と接しています。
辛亥革命ののちに、外モンゴルが独立を宣言し、1924年にソ連の衛星国としてモンゴル人民共和国となりましたが、内モンゴルは[徳王]が独立運動を行い、1939年に日本の関東軍の援助で張家口に蒙古連合自治政府を成立させせました。日中戦争後、徳王は内モンゴルを追われ、1947年に中国共産党の下で[ウランフ]を長とする内モンゴル自治区人民政府が成立しました。これが現在の内モンゴル自治区の起源となり、中華人民共和国の自治区の中では最も早い成立となりました。中ソ対立の軍事的緊張下の為、1969年には内モンゴル生産建設兵団を設置し、1970年には行政区画の大幅な変更が行われました。

続きを読む